2017年07月02日

危険物乙4 問題(法令)1 危険物の定義(物質の3態)

【問】消防法における危険物には常温常圧で気体、液体、固体のものがある。



○orX



【正解】X

【解説】危険物取扱者の資格における『危険物』の定義は、消防法により定められており、その中に常温常圧における気体は含まれていません。
そのため、正解としては常温常圧において固体または液体である物質のみが『危険物』に含まれます。

少し蛇足になりますが、可燃性の気体を発生させる固体や液体で『危険物』に該当している物質があるため、気体が全くの無関係ということはありませんが、上記の定義は基本になりますのでしっかりと覚えておきましょう。

また、『常温』とは摂氏20℃を指し、『常圧』とは1気圧を指します。要は日本の地上表面における大体の状態を指しているわけです。


さて、突然問題を挙げましたが、これから問題と問題解説を中心に取り上げ、間に何かコラム的なものも混ぜて更新していきたいと思います。
問題等もたまってきたら整理したいと思いますが、しばらくは雑然と更新をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
タグ:乙4 問題
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。