2017年07月08日

危険物乙4 過去問2017 類題4 保安距離と保有空地

【問】重要文化財等に指定された建造物等から一定の距離の確保が法令上求められている施設は、次にあげる製造所等の中にいくつあるか。


製造所、販売取扱所、屋内貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、移送取扱所、屋外タンク貯蔵所


①2つ
②3つ
③4つ
④5つ
⑤6つ





【正解】②


【解説】
この問題では保安距離が必要な施設が何かを問われており、覚えていなければどうしようもない問題です。


保安距離と保有空地は語呂合わせで覚えると良いと思います。
参考までに私が覚える時に考えた語呂を紹介しておきたいと思います。


保安距離:一般的に内外貯蔵は製造が異端
    一般・内外貯蔵・製造・外タン)


一般取扱所、屋内貯蔵所、屋外貯蔵所、製造所、屋外タンク貯蔵所が保安距離が必要となる施設となります。


また、


保有空地:保安距離+地上移送は屋外では簡単
    (保安距離対象の施設、地上移送、屋外簡タン)


上記の保安距離が必要となる施設に加えて、地上に設ける移送取扱所、屋外に設ける簡易タンク貯蔵所が保有空地が必要となります。


保安距離とは事故等が起こった際にも住居や学校、病院、重要文化財等に影響が及ばないよう確保する距離であり、保有空地は延焼防止や消防活動を行うために確保する周囲の空地を言います。


保有空地には物をおくことができないことも押さえておいてください。




posted by yuth at 16:40| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。