2017年07月10日

危険物乙4 過去問2017 類題8 定期点検の記録事項

【問】定期点検において記録を残す必要がある(規則に定められてる)事項に含まれないものは次のうちどれか。



①点検方法とその結果
②実施した製造所等の名称
③点検に立ち会った者の氏名
④前年に実施した点検結果との比較・推移
⑤点検を実施した年月日





【正解】④


【解説】
定期点検で記録を残すことが求められている事項は問題文の通り、

①点検方法とその結果

②実施した製造所等の名称

③点検に立ち会った者の氏名

⑤点検を実施した年月日


の4つとなります。これらは頭の片隅にはおいておくと良いと思います。


また、定期点検は危険物取扱者危険物施設保安員もしくは危険物取扱者立会いのもとの作業員(特に制約なし)が実施することができます。


危険物取扱者は危険物取扱者(甲種、乙種、丙種のいずれか)の資格を有する者である必要がありますが、危険物施設保安員は特に資格等は必要としていません


そのため、立ち合いを行う者に危険物施設保安員ではなれませんので注意してください。



また、混乱の無いように注釈を入れておくと、定期点検とは施設や設備の点検であり、『危険物そのものは取り扱わない』ということが原則となります。


危険物を取り扱う場合は当然ながら危険物取扱者(甲種もしくは乙種)の立会いが必要になるため、危険物取扱者(丙種)や危険物施設保安員では取り扱いできませんのでこの点も押さえておいてください。






posted by yuth at 21:00| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。