2017年07月11日

危険物乙4 過去問2017 類題9 移動タンク貯蔵所における必要事項

【問】移動タンク貯蔵所に関して、危険物の貯蔵・移送における記載として間違っているものはどれか。


①危険物を移送する際は、危険物取扱者が運転しなければならない。
②移動タンク貯蔵所には、定期点検記録や完成検査済証を備え付けておく必要がある。
③アルキルアルミニウムを移送する際、事前に移送経路等を消防機関に送付しておく必要がある。
④危険物の移送に際し、連続運転時間が4時間を超える場合、2人以上の運転員が必要である。
⑤危険物を移送する際に乗車する危険物取扱者は免状を携帯する必要がある。






【正解】①



【解説】
少しひっかけのような問題となりましたが、移動タンク貯蔵所に関する問題は頻出問題となっておりますので、細かい点についてもなるべく覚えるように心がけてください。


さて、①についてですが、
①危険物を移送する際は、危険物取扱者が運転同乗しなければならない。

移送に際して危険物取扱者が同乗する必要がありますが、同乗していれば必ずしも運転をする必要まではありません。



②移動タンク貯蔵所には、定期点検記録や完成検査済証を備え付けておく必要がある。

移動タンク貯蔵所には以下の4つの書類を備え付けておく必要があります。
譲渡・引渡届出書、品名・数量等の変更届出書、完成検査済証、定期点検記録
なかなか覚えにくい内容ですが、選択問題で出題されるため、頭文字だけでも覚えておきたい内容です。


移動タンク貯蔵所を上品に鑑定(譲・品・完・定)と覚えてみてください。
また、これらはコピーではなく原紙を備え付けている必要があります。



アルキルアルミニウムを移送する際、事前に移送経路等を消防機関に送付しておく必要がある。

これは問題文の通りです。第3類危険物になりますが、非常に危険な物質で事故等に備えて上記のような連絡を入れる必要があります。


④危険物の移送に際し、連続運転時間が4時間を超える場合、2人以上の運転員が必要である。

これも問題文の通りです。長時間にわたる運転は交代で運転をする必要があり、連続4時間超以外にも1日に9時間を超える場合も同様の扱いとなります。


⑤危険物を移送する際に乗車する危険物取扱者は免状を携帯する必要がある

問題文の通りです。免状を携帯し、消防吏員や警察官に提示を求められた際、従う必要があります。
免状もコピーではなく原本を携帯する必要があります。







posted by yuth at 21:58| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。