2017年07月15日

危険物乙4 過去問2017 類題12 保安講習の受講義務とその受講間隔

【問】危険物を取り扱う業務に従事する者に対する保安に関する講習について、正しいものはどれか。


①危険物を取り扱う業務に従事する危険物保安統括管理者は一定期間毎に保安講習を受講しなければならない。

②保安講習の受講は危険物を取り扱う業務に従事することとなった日から3年内毎に受講すれば良い。

危険物を取り扱う業務に従事する危険保安監督者は一定期間毎に保安講習を受講しなければならない。

④危険物を取り扱う業務に従事する危険物取扱者の資格を有する者であっても、製造所等の危険物取扱者に選任されていない者は保安講習を受講しなくとも良い。

⑤危険物を取り扱う業務に従事する危険物施設保安員は一定期間毎に保安講習を受講しなければならない。





【正解】③


【解説】
今回は保安講習に関する問題です。過去問はかなり簡単な選択肢で構成されているため、少しややこしい選択肢を増やしてみました。


保安講習で覚えて頂きたいのは2点とプラスアルファで例外事項です。
まずは必ず覚えておいて頂きたいのは以下の2点です。


保安講習を受講する必要があるのは危険物を取り扱う業務に従事する危険物取扱者のみである。
上記の通り、危険物保安監督者、危険物保安統括管理者、危険物施設保安員やその他作業員等の役職に関わらず、危険物取扱者の資格を有し、危険物の取扱い業務に従事する者は全て受講する必要があります。



そのため、危険物取扱者の資格を持っていない危険物保安統括管理者や危険物施設保安員であれば義務は生じません


しかし、危険物保安監督者は危険物取扱者の資格を持つものしかなれませんので、講習の受講義務があると言えます。



ですので、①④⑤は全て×となります。



◎受講は原則、危険物を取り扱う業務に従事し始めた日から1年以内と、以降は受講日から4回目の4月1日が来るまでに受講する必要がある



上記の通りであり、危険物を取り扱う業務に従事していなければ受講は必要ありませんので、従事しだしてから受講する義務が生じます。


よく他のテキストには最初は1年内とそこから最初の4月1日から3年以内と記載がありますが、覚えやすい方で覚えておきましょう。


期間は意外とイメージしにくいため、問題で問われた際は以下のような線を描いて確認することをお勧めします。





保安講習受講の期間.png



さて、上記の期間は実は前提があり、免状を受けた日もしくは保安講習を受講した日から、従事開始日が2年以上経過していることが前提となっています。



ここからはプラスアルファの内容になるのですが、これが従事開始日が2年経っていない場合は1年内に受講する必要はなく、交付日もしくは受講日から4回目の4/1が来るまでの間に受講すれば良いとされています。


保安講習受講の期間(例外).png




例外はともかく、上記の◎2つは覚えておくようにしてください。
さて、ここまで読めば②が×であることが分かりますよね。




posted by yuth at 16:46| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。