2017年08月15日

危険物乙4 過去問2017 類題34 メチルアルコールとエチルアルコールの性状について

【問】メチルアルコールとエチルアルコールの共通の性状として間違っているものはどれか。

①水にも有機溶剤にもよく溶ける。
②引火点が10℃程度と低く、揮発性も高い。
③水より軽く、生じる蒸気は空気より重い。
④特有の芳香があり、毒性を有する。
⑤燃焼しても炎の色が淡く見えにくい。





【正解】④




【解説】
今回はアルコール類の代表物質であるメチルアルコールエチルアルコールの性状に関する問題です。


比較的重要な内容になりますので、アルコール類の特徴もなるべく押さえるようにして下さい。


今回正解は④であり、それ以外の選択肢は全てメチルアルコールとエチルアルコールの共通する性質となっています。


④はどちらも芳香性があるのですが、メチルアルコールは毒性を有し、エチルアルコールは麻酔性を有します。



①水にも有機溶剤にもよく溶ける。
②引火点が10℃程度と低く、揮発性も高い。
③水より軽く、生じる蒸気は空気より重い。
⑤燃焼しても炎の色が淡く見えにくい。



上記の中で特に注意しておいていただきたいのが、引火点の低さです。メチルアルコールは引火点11℃エチルアルコールは13℃と非常に低く、沸点も低いため、揮発性の高い物質です。


また、水より軽く引火点が低いため、水による冷却消火が難しく、窒息消火(二酸化炭素や耐アルコール泡等)が適しています。

その炎はどちらも淡青白色で見え難く、消えたように見えて消えていない場合など災害が生じる場合があります。


ちなみにですが、アルコール類は1分子を構成する炭素原子が1〜3個の飽和1価アルコールを指します。


また、アルコール類の指定数量は400リットルです。



posted by yuth at 23:26| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください