2017年08月04日

危険物乙4 過去問2017 類題27 第4類危険物の貯蔵における注意点

【問】第4類危険物の貯蔵における注意点として誤っているもにはどれか。

①容器は膨張を考慮し上部に空きスペースを設け、密栓し蒸気が生じないよう保管する。

②引火や発火を防止するために、火気や高温を避け保管する。

③液面に水を貼り、蒸気が発生しないよう貯蔵するものもある。

④貯蔵場所は換気が良くできる風通しの良い場所に保管する。

⑤引火や発火を防ぐため、危険物の温度を引火点以下に保てるよう保管する。





続きを読む
posted by yuth at 23:23| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

危険物乙4 過去問2017 類題26 水溶性液体用泡消火剤の特性とその対象物質

【問】泡消火剤には水溶性液体用と、その他の一般用のものとがある。水溶性液体用でなければあまり効果的でない物質として適切でないものはどれか。

①メチルアルコール
②アセトン
③酢酸
④グリセリン
⑤アニリン




続きを読む
posted by yuth at 17:49| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

危険物乙4 過去問2017 類題25 危険物の取扱い・貯蔵における注意点と指定数量

【問】第4類危険物の取扱い・貯蔵において、誤っているものはどれか。

①貯蔵施設内の電気設備は防爆型のものを使用する。
②危険物の量が指定数量以上の場合、消防法や政令により規制される。
③危険物の量が指定数量以下の場合、その取り扱いに特に制約はない。
④危険物が2種類の場合、それぞれの指定数量に対する割合の和が1以上の場合、消防法や政令に規制される。
⑤アルコール類の指定数量は400ℓである。




続きを読む
posted by yuth at 21:16| Comment(0) | 過去問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする